「自然エネルギーで豊かな日本を!アクション」シンポジウム
「自然エネルギー飛躍の条件は何か」

 欧州だけでなく、アメリカ、中国、南米など世界各地で自然エネルギーの飛躍的な拡大が始まっています。一方、日本では、固定価格買取制度を骨抜きにして、せっかく始まった導入をストップさせかねないような動きが起きています。

 安全安心の純国産資源であり、地域を豊かにするエネルギーである自然エネルギーを日本で大きく拡大していくために何が必要なのか、その条件を明らかにするシンポジウムを開催します。奮ってご参加ください。

 

日時:2015219日(木)13:3016:30(開場13:00

場所:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67

   https://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents /map.html


参加費:無料(事前申込みは締め切りました。傍聴を希望される方は当日、直接会場までお越し下さい。)

 

主催:自然エネルギーで豊かな日本を!アクション



 

プログラム

 

■開会挨拶:日本生活協同組合連合会 組織推進本部長 笹川博子

 

■基調講演:エネルギー戦略研究所 所長 山家公雄 

   「再エネ再接続:政府が検討したこと、しなかったこと」

 

■「自然エネアクション 5つの目標」の発表  

 

■パネルディスカッション 自然エネルギー飛躍の条件

 ・ビジネスからの報告 日本風力発電協会 専務理事 中村成人

 ・自治体からの報告  神奈川県産業労働局エネルギー部 副課長 天野 一

 ・地域からの報告   環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也

 ・世界の2014速報  自然エネルギー財団事業局長 大林ミカ

 

■閉会